恋の賞味期限

男女の相談ネット

恋の賞味期限

「恋の賞味期限」は長くて4年程度しか続かないのが普通だと言われています。

出会った最初の頃、肉体的に惹かれ、強烈な性衝動は数週間続くと言われていますが、
それは男性と女性をつなぎとめ、頻繁に生殖活動に励むようにさせる自然のトリックだと言われています。

それから半年くらいは、恋愛感情はとても強く、たとえようもない幸福な気持ちをもたらしてくれます。
この状態のとき脳にはいくつかの化学物質が分泌されて、高揚感を作り出しているのです。

例えば、PEAは性愛系の快感をとても強めます。しかし、PEAは精神的に不安定の状態で、
ドキドキしていなければ決して分泌されることがないのです。

ですが、不安や緊張を感じながら一生を過ごすことは不可能ですから、
PEAを永久に分泌し続けることはどんなカップルでも絶対にできないのです。

つまり「恋の魔法」にかけられたようなもの、冷静な判断が出来ないようになってしまうものなのです。
冷静に判断すれば、「こんな人と…」と思うような相手でも、一旦恋に堕ちてしまうと、
全てが良く見えてしまい、いわゆる「恋は盲目」状態に陥るわけです。

そして、この期間を過ぎたとき、「恋」はやがて、時間の経過と共に変容します。
それは「恋」という非日常の幻想から目覚めて、現実に戻るのか、
それとも恋を成就させ「真実の愛」へと進展させるのか、大抵はどちらかになります。

copyright(C)男女の相談ネット